台風被害(和歌山市)

公開日:2018年11月12日 / カテゴリー:耐震日記

2歳双子の育児奮闘中の河口です。

先日和歌山市K様邸の屋根葺き替えが無事に終了しました。

K様は過去に耐震診断から、建物の工事だけでなく、玄関扉の入れ替えまでさせて頂きましたお客様からのご相談でした。

最初に職人がブルーシートをかけに伺いましたが、この際、瓦の部分補修ではなく、来年以降の台風や直面する事になる南海トラフ地震に備えて、軽量瓦への葺き替えをする事になりました。

今年(平成30年)の台風21号は、和歌山県での最大瞬間風速も過去最高が記録されています。

よくお客様から「台風に対して屋根は重いほうがいいのでは」という質問や誤解を耳にします。

軽量と名前が付いている為、その様な誤解をされるのだと思いますが、軽量瓦とは従来の陶器瓦に比べて何倍も割れにくくなっており、加えて一つ一つの瓦を専用の釘で何か所も打ち込んで止めていく為、瓦はズレにくく、飛来物にも強くて割れにくい為、基本的に被害は出ません。

むしろ飛来物で割れやすい陶器瓦の方が、被害が出ます。

関西で台風による屋根被害が出ているのは土葺きに陶器瓦を乗せた家ばかりです。

どの家も瓦がズレればブルーシート等の応急措置をしないといけない状態になりますが、災害が発生すると職人さんは忙しくなるため、すぐには来てくれませんし「部分補修」と言うと“安くで補修が済む”と言うメリットがありそうで聞こえは良いですが、職人さんがすぐ来てくれないとなると部屋内への雨漏れが進み、耐震性まで下げる為、結論はデメリットしかありません。

今後、台風は地球温暖化の影響で海水温度が上がり、台風が大型化しやすくなるとの専門家の見解もあります。

明日襲ってくるかもしれない地震、毎年来る台風に備えて、今一度、皆様の屋根瓦も見直されてはどうでしょうか?

 

肝心なK様邸の屋根工事も無事に綺麗に仕上がり、終了しました。

工事しっかり納める事も大切ですが、私は主人さんと奥様のお顔が拝見出来まして、それが嬉しかったです。

対応エリア

大阪市

大阪市旭区、大阪市阿倍野区、大阪市生野区、大阪市北区、大阪市此花区、大阪市城東区、大阪市住之江区、大阪市住吉区、大阪市大正区、大阪市中央区、大阪市鶴見区、大阪市天王寺 区、大阪市浪速区、大阪市西区、大阪市西成区、大阪市西淀川区、大阪市東住吉区、大阪市東成区、大阪市東淀川区、大阪市平野区、大阪市福島区、大阪市港区、大阪市都島区、大阪市淀川区

大阪府

能勢町、豊能町、池田市、箕面市、茨木市、高槻市、島本町、豊中市、吹田市、摂津市、枚方市、交野市、寝屋川市、守口市、門真市、四條畷市、大東市、東大阪市、八尾市、柏原市、堺市、和泉市、高石市、泉大津市、忠岡町、岸和田市、貝塚市、熊取町、泉佐野市、田尻町、泉南市、阪南市、岬町、松原市、羽曳野市、藤井寺市、太子町、河南町、千早赤阪村、富田林市、大阪狭山市、河内長野市

兵庫県

神戸市、尼崎市、西宮市、芦屋市、伊丹市、宝塚市、川西市、三田市、猪名川町、明石市、加古川市、高砂市、稲美町、播磨町、福崎町、姫路市、三木市、小野市、加西市、加東市

京都府

京都市西京区、京都市伏見区、京都市南区、京都市山科区、宇治市、亀岡市、城陽市、向日市、長岡京市、八幡市、京田辺市、南丹市、木津川市、大山崎町、久御山町、精華町

奈良県

奈良市、大和高田市、大和郡山市、天理市、橿原市、桜井市、五條市、御所市、生駒市、香芝市、葛城市、山添村、平群町、三郷町、斑鳩町、安堵町、川西町、三宅町、田原本町、高取町、明日香村、上牧町、王寺町、広陵町、河合町、大淀町

滋賀県

大津市、草津市、守山市、栗東市、野洲市、甲賀市、湖南市、東近江市、近江八幡市、日野町、竜王町、彦根市、愛荘町

和歌山県

和歌山市、岩出市、紀の川市、橋本市、海南市、かつらぎ町

三重県西部

名張市、伊賀市