屋根の葺き替え工事(ルーガ雅高棟仕様)が終わりました

公開日:2018年07月28日 / カテゴリー:耐震日記

こんにちわ。体重リバウンド中の診断士、近藤です(涙)
大阪府の高槻市、茨木市等に多くの被害をもたらした北摂地域の地震発生から1ヶ月が過ぎました。
被害に遭われた方々のご冥福をお祈りすると共に少しでも早い復興をお祈りしています。
今回、私達もボランティアでブルーシートを貼る作業のお手伝い等をさせていただきましたが、実際に現場を見て感じたことは被害に遭われている家の屋根は、ほとんどが「土葺き瓦の屋根」だという事です。
スレート板の屋根や、軽量瓦といわれる屋根材を使用しているお家はほとんど被害を受けていませんでした。
地震の揺れが来た時に「頭」が重たいと建物にはとても大きな負担がかかります。
私たちが普段行っている「耐震診断」でも「屋根」はチェック項目の中に入っていまして、軽い屋根ほど診断の結果の点数もよくなります。
さて、今回工事を任せていただいたのは、ブルーシート貼りでご縁がありました茨木市のS様邸

地震で瓦が割れて雨漏れをおこしている状態でした

瓦は昔ながらの土葺き瓦。この瓦の下には土がいっぱい入っています。

今回、その瓦と土を全部降ろしてケイミューさんの商品である「ルーガ雅」という軽量瓦を乗せました。

従来の瓦に比べ重さは半分以下!地震や台風などの自然災害にも強い屋根材です!

猛暑の中での作業。職人さんが言ってましたが、瓦の上に卵を落としたら目玉焼きができるそうです。

それぐらい熱い場所での作業です。職人さん達には頭が下がります。

ルーフィングシート(防水シート)を貼って

瓦を乗せていきます。

S様邸ではルーガ雅の標準仕様ではなく、棟を高くする高棟仕様で施工させていただきました。

完成写真をみていただければわかりますが、和風のお家に格式のある重厚感を持たせる事ができます

お値段は標準仕様に比べて少し高くなりますが、お施主様方の選択肢が増えるのはとてもよい事だと思います。

仕上がりもバッチリで、お施主様には大変喜んでいただけました。

瓦にも寿命があります。いぶしの瓦で30年~50年、セメント瓦で30年~40年ぐらいといわれていますので、今重たい屋根を乗せているのであれば次回葺き替えの時は是非軽い屋根材を使っていただきたいというのが一診断士としての考えです。

熱い日が続きますが、職人さんと一緒に少しでも早く、たくさんの方々の復興のお手伝いができればいいなと思っています。

体調管理に気を付けてがんばります!!

 

 

対応エリア

大阪市

大阪市旭区、大阪市阿倍野区、大阪市生野区、大阪市北区、大阪市此花区、大阪市城東区、大阪市住之江区、大阪市住吉区、大阪市大正区、大阪市中央区、大阪市鶴見区、大阪市天王寺 区、大阪市浪速区、大阪市西区、大阪市西成区、大阪市西淀川区、大阪市東住吉区、大阪市東成区、大阪市東淀川区、大阪市平野区、大阪市福島区、大阪市港区、大阪市都島区、大阪市淀川区

大阪府

能勢町、豊能町、池田市、箕面市、茨木市、高槻市、島本町、豊中市、吹田市、摂津市、枚方市、交野市、寝屋川市、守口市、門真市、四條畷市、大東市、東大阪市、八尾市、柏原市、堺市、和泉市、高石市、泉大津市、忠岡町、岸和田市、貝塚市、熊取町、泉佐野市、田尻町、泉南市、阪南市、岬町、松原市、羽曳野市、藤井寺市、太子町、河南町、千早赤阪村、富田林市、大阪狭山市、河内長野市

兵庫県

神戸市、尼崎市、西宮市、芦屋市、伊丹市、宝塚市、川西市、三田市、猪名川町、明石市、加古川市、高砂市、稲美町、播磨町、福崎町、姫路市、三木市、小野市、加西市、加東市

京都府

京都市西京区、京都市伏見区、京都市南区、京都市山科区、宇治市、亀岡市、城陽市、向日市、長岡京市、八幡市、京田辺市、南丹市、木津川市、大山崎町、久御山町、精華町

奈良県

奈良市、大和高田市、大和郡山市、天理市、橿原市、桜井市、五條市、御所市、生駒市、香芝市、葛城市、山添村、平群町、三郷町、斑鳩町、安堵町、川西町、三宅町、田原本町、高取町、明日香村、上牧町、王寺町、広陵町、河合町、大淀町

滋賀県

大津市、草津市、守山市、栗東市、野洲市、甲賀市、湖南市、東近江市、近江八幡市、日野町、竜王町、彦根市、愛荘町

和歌山県

和歌山市、岩出市、紀の川市、橋本市、海南市、かつらぎ町

三重県西部

名張市、伊賀市