地震は予知できるのでしょうか

公開日:2014年12月22日 / カテゴリー:耐震日記

株式会社ナカタ 診断士の佐竹です。
長野県で震度6弱の激しい揺れを観測した地震から22日で1か月になります。被災地では今も100人余りの方が避難生活を余儀なくされていて、地元の自治体では、仮設住宅の建設など避難生活の解消に向けた対応を急いでいます。
「巨大地震はいつ起こってもおかしくない。」大変恐ろしい現実です。
無感を含めますと年間数千から数万回ともいわれる地震群のなかから、甚大な被害をもたらす巨大地震の発生を予測するのは至難というのがいまの地震学の現状です。実際、今回の巨大地震はほとんど「想定外」とされていました。

ただ、以前からテレビ番組等で出演されていたアマチュア天文家「串田嘉男」氏は、この長野県の地震も「予知していた」らしいです。
さらに最近では、来年平成27年2月にマグニチュード7~8の地震が、琵琶湖を中心とした近畿地方に発生すると発表されていますが、最新の予知では5月に延期されました。本当に起こるのであれば、早急に対策を取っておかないと大変な事態になりますが…

串田氏の地震予知方法はとてもユニークで、全国のFM放送の電波を使って予知するというものらしいです。地震の前になると放送電波が聞こえるレベルではないが変化するらしく、
場所は、異常を検知したFM放送局のドーナツ範囲を重ねて一番濃くなった場所が発生場所だそうです。
時間は、前兆の始まりがあり前兆のピークそして前兆の終わりがありしばらくして地震発生が起きるというパターンから時間が分かるといいます。別の文献からこれら手法を引用させていただいてるのですが、私にはいまいち理解が出来ませんでした。

果たして地震は予知できるのでしょうか。同氏のような方もいますが、今のところ、巨大地震の発生を予測するのは至難というのが地震学の現状です。
地震研究の最終目標は、地震の仕組みや現象の分析、解明だけではありません。それは地震を予知し、事前に被害を最小化させる。本当に地震が予知できる時代が来ればと、切に願います。
2014_12_22_1
   

対応エリア

大阪市

大阪市旭区、大阪市阿倍野区、大阪市生野区、大阪市北区、大阪市此花区、大阪市城東区、大阪市住之江区、大阪市住吉区、大阪市大正区、大阪市中央区、大阪市鶴見区、大阪市天王寺 区、大阪市浪速区、大阪市西区、大阪市西成区、大阪市西淀川区、大阪市東住吉区、大阪市東成区、大阪市東淀川区、大阪市平野区、大阪市福島区、大阪市港区、大阪市都島区、大阪市淀川区

大阪府

能勢町、豊能町、池田市、箕面市、茨木市、高槻市、島本町、豊中市、吹田市、摂津市、枚方市、交野市、寝屋川市、守口市、門真市、四條畷市、大東市、東大阪市、八尾市、柏原市、堺市、和泉市、高石市、泉大津市、忠岡町、岸和田市、貝塚市、熊取町、泉佐野市、田尻町、泉南市、阪南市、岬町、松原市、羽曳野市、藤井寺市、太子町、河南町、千早赤阪村、富田林市、大阪狭山市、河内長野市

兵庫県

神戸市、尼崎市、西宮市、芦屋市、伊丹市、宝塚市、川西市、三田市、猪名川町、明石市、加古川市、高砂市、稲美町、播磨町、福崎町、姫路市、三木市、小野市、加西市、加東市

京都府

京都市西京区、京都市伏見区、京都市南区、京都市山科区、宇治市、亀岡市、城陽市、向日市、長岡京市、八幡市、京田辺市、南丹市、木津川市、大山崎町、久御山町、精華町

奈良県

奈良市、大和高田市、大和郡山市、天理市、橿原市、桜井市、五條市、御所市、生駒市、香芝市、葛城市、山添村、平群町、三郷町、斑鳩町、安堵町、川西町、三宅町、田原本町、高取町、明日香村、上牧町、王寺町、広陵町、河合町、大淀町

滋賀県

大津市、草津市、守山市、栗東市、野洲市、甲賀市、湖南市、東近江市、近江八幡市、日野町、竜王町、彦根市、愛荘町

和歌山県

和歌山市、岩出市、紀の川市、橋本市、海南市、かつらぎ町

三重県西部

名張市、伊賀市